費用

これまで、パソコンスクールと言えばワープロソフトや、表計算ソフトを学ぶのが中心となっていました。
通う人も、社会人や学生等どちらかと言うと若年層が多いのも特徴だったのです。
しかし、現在パソコンの学習をする人は、年齢が幅広く、60歳からパソコンを始める人も多く見られるようになりました。
その理由の一つに、コミュニティツールの発達があります。
離れた子供や孫と連絡が取れるよう、パソコンを使ってやり取りする人が多くなりました。
電話と違って、インターネットが繋がる環境なら時間を気にせず話すこともでき、各スクールでは、コミュニケーションツールに特化した教育を行っているところも多く、たくさんの人が通っています。

かつて、パソコンスクールと言うと期間が長くまた料金もかなり高額でした。
コースのほとんどが3ヶ月から1年単位であり何十万もするところも珍しくなかったのです。
しかし、現在はパソコンの価格が安くなったことに加え、昔から比べてソフトも安価になりました。
また、スクールも多くなったことで競争も発生し、価格はかなり安くなりました。
コースも1日単位や1ヶ月等、集中コースもあり、内容は多岐にわたります。
従来からあるワープロソフトや表計算、画像処理やグラフィックソフト、そしてCAD等、様々な中から選べるようになっています。
近年、スマートフォン教室を併設しているところもあり、初めてスマートフォンに触れる人でも通える初心者教室が盛況です。